2. 消えてゆく価値観

では、人類がカルマを生んできたものの考え方、古い文明とともに消えてゆく価値観とは、具体的にどのようなものでしょうか。 そのすべてはとても書ききれるものではありませんが、主なものを挙げてみましょう。

  • 自我我欲……他人よりも自分を大事に思う、優先しようとする心。
  • 物欲……求めれば際限なく続き、さらに苦しい状態になる心のさま。
  • 強制……ものごとを押しつける心。自分の都合、考えに他人を無理矢理従わせようとする、神様の御心と正反対の心。他人の自由意思を否定する心。
  • 怠惰たいだ無気力……神様からいただいた自由意思を自ら否定して、退化しようとしているさま。
  • 形の威厳いげん権威けんい……力に頼って他を圧しようとするさま。
  • 不平不満怒り……自我の心の現れ。
  • 自己愛利己主義……自我の心の現れ。
  • 虚偽きょぎごうまん……自我の心の現れ。
  • 間違った祈り……自分に都合のよいことを神様に強く願うこと。

今の世界においても、これらの考え方は間違っている、もしくは片寄っているということは、ほとんどの人には分かっています。でも地球は正しく進化してきませんでした。

それは自分の得とか、勇気がないためにまわりに流されて、心に湧いてくる正しい思いを貫き通すことができなかった。そして次第に、そうすることが普通に感じられるようになった。その結果、知らず知らずのうちにカルマをつくり、さらにカルマがカルマを生んで、今の地球のような姿となってしまった、というわけです。

第4部 これからの生活
3. 新しい世の価値観 へ進む
HOME 文頭へ戻る 前へ戻る 次へ進む
全文スクロールのページ 印刷用PDFファイル
ご感想やご質問は、こちらからメールでお願いいたします。